蘭島閣美術館らんとうかくびじゅつかん

 蘭島閣美術館は、荘厳な佇まいの本格的木造建築の美術館です。 日本の近代絵画を代表する作品や、郷土ゆかりの作家の作品などを展示しています。 日本画、油彩画、版画、素描などを含めた約2,200点のコレクションから会期ごとに企画展示しています。

展示案内

『新春日本画名品展』

平成29年1月11日(水)~2月27日(月)


本展では新春にふさわしい華やかな日本画の名品を所蔵品のなかからご紹介します。女性の美しさが際立つ美人画や日本の象徴として知られる富士山、春の気配が漂うなかでほころぶ梅の花など晴れやかな画題を集め新春を寿ぎます。女性の目線でとらえた気品ある美人画を完成させた上村松園や壮大な自然を幻想的に描いた岩橋英遠など、個性輝く作家たちによる壮麗な作品を展示します。

展示目録 


上村松園《つれづれ》

橋本明治《麗》



児玉希望《清爽》 岩橋英遠《山・金扇》 小林古径《紅梅》




関連イベント


「ギャラリートーク」(担当学芸員による展覧会、作品解説)

日 時 1月22日・2月12日(日)
午前・午後の一日二回開催 
午前の部11時から/午後の部14時から(所要時間30分程度)
会 場 蘭島閣美術館
参加費 無料(ただし、別途入館料が必要)




美術作品の掲載には著作権保持者の承諾が必要です。掲載されている作品を無断で使用することはできません。